多年生植物は2年以上生きると予想される植物です。

多年生植物は……

1年でタネから芽が出て、花を咲かせ、タネをつくって枯れるまでのライフサイクルを完了する一年生植物(ジニアス、マリーゴールド、大根)および成熟して播種するために2年を必要とする二年生植物( ナデシコ 、葵、タマネギ)とは異なり、多年生植物は毎年播種して条件が良いときには成長し続けます。

しかし、これは多年生植物が永遠に生きるという意味ではありません。実際、多くの多年生植物は短命で、2~3年しか続かないと考えられています。スイセンノウは短命の多年生植物ですが、すぐに自生するので、ずっと長生きするようです。


丈夫な地域と多年生植物

多年生である能力を持つすべての植物がすべての地域で丈夫であるというわけではありません。

寒冷地や過度に乾燥した地域または、その他の生育条件によって枯れることがあります。そこで、その植物の耐寒性がとても重要な理由となります。あなたの庭で栽培できる植物の耐寒性を知ることは、その地域で生き残るかを決めることでしょう。


多種類の多年草がありますか。

多年生植物という用語は華やかな花を持つ植物に最もよく使われますが、観葉植物、カンナやカラジウムのような熱帯植物、イチゴやミョウガのような野菜、そして独自のカテゴリーを持つ植物も多年生です。


多種類の多年草がありますか。

木や低木は非多年生植物と見なされます。彼らは冬に葉を失うかもしれませんが、彼らの茎、枝、そして芽を通して彼らの根の上で非常に生きているままです。多年生の木や低木は木質と見なされます。


多年生植物は一年生植物よりも手入れは少ないですか?

多年生植物は一年生植物とは異なる手入れを必要としますが、すべて簡単なわけではありません。十分な健康を維持し数年間生き残るために、少なくとも剪定と摂食をいくらか必要とします。

害虫予防 – 害虫や病気の監視は、多年生植物にとって非常に重要です。10年間持っていた多年生植物を失うことは悲痛です。そして、多年生植物は一般的に一か所に植えられていることが多いので、病気や害虫が短時間で全体に影響を与えることは非常に簡単です。定期的に植物をチェックする必要があります。

季節の手入れ – 草本多年生植物は毎年冬に地上に出ている個所は枯れるので、新しく成長が始まる前に、古い葉を剪定して取り除く必要があります。いくつかの植物は秋に 取り除くのを好み、一握りは春に剪定されることを好む。ほとんどの植物は剪定のタイミングについてそれほどうるさいわけではないので、時間があるときにいつでもできます。

庭にいくつかの多年生植物を育てることは季節ごとに花が咲くという素晴らしいことです。

Follow me!

コメントを残す