伝記その1:フランツ・ジョセフ・ハイドン(Franz Joseph Haydn)

オーストリアの作曲家フランツ・ジョセフ・ハイドン(1732-1809)は、交響曲や弦楽四重奏曲を基にして作曲し、クラシックスタイルの形式的および構造的原理を最初に成熟させました。

ハイドンは、後にヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト (Wolfgang Amadeus Mozart)と ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン( Ludwig van Beethoven)によって演奏された、弦楽四重奏と交響曲の古典的な形式的構造を実質的に作曲しました。彼は神聖な音楽、オペラ、そして歌の分野で多作的に作曲することに加え、18世紀の音楽の発展に参加しました。生涯にわたる実験を通して、彼は四重奏と交響曲の中で、作品の大部分の四つの動きの構造(アレグロ、ゆっくりした動き、メヌエットとトリオ、そしてフィナーレ)を特徴とする成熟した古典的な バランスのとれた音の枠組みでテーマ別やモチベーションの音のつながりを開発しました。ハイドンは、18世紀半ば歌のない楽曲・演奏の技術的な単純さと、表情豊かな自明性と対照的な複雑さと幅広い表現に向かって徐々に成長する音調言語を比較して発展させました

ハイドンは1732年3月31日にニーダーエスターライヒ州のローラウで生まれました。8歳の時、ウィーンの聖シュテファン大聖堂で聖歌隊になり、1749年に解任されるまでそこにいました。主に音楽の自己指導のために彼はバイオリン奏者およびキーボード奏者として何らかの施設を発展させてきました。しかし彼は決して演奏がうまいとは言えませんでした。彼はイタリアのオペラ作曲家と歌い手とともに勉強し彼は1740 – 1760年の期間、ウィーンの音楽生活に精通し、その主要人物を知っていました。

ハイドンは作曲を試みました。彼が後に、そのことについて説明したように、「私は勤勉に書きましたが、まったく正しくは書きませんでした」。彼の最初の作品「せむしの悪魔(Der krumme Teufel)」(1752)と題されたオペラは、鍵盤トリオ・ソナタ、そして1750年代に書かれた彼の最初の弦楽四重奏を含んでいました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です