アスターの意味と象徴性

アスターの意味と象徴性

アスターの物語と起源

アスターは、星型の花で知られているヒナギク(雛菊)のような自生する野生の花です。アスター(ASTER)(ギリシア語・ラテン語で星を意味する。) の意味には愛と知恵も含まれます。ギリシャ神話の豊かな歴史の中で、アスターはギリシャの女神アストラエアの涙によって作られたと言われています。ある日、彼女は暗い空に星がないことに怒り、悲しみ泣き始めました。彼女が泣いていると、彼女の涙は地面に落ちて星形のアスターの花に変わりました。このことから彼女の名にちなんで名付けられたアスターは星を意味している花です。

もう一つ別の解釈は、おとめ座が地球上に星屑を散布したときに星が作られたということです。星屑が落ち着くと、アスターの花が咲きました。アスターは金星、愛の女神の象徴でもあります。

アスターの花の意味

アスターの花はさまざまな意味を持っていますが、一般的に、花は主に愛、知恵と信仰を表します。

  • ビクトリア朝の文化では、アスターは汚さ、忍耐力、そして魅力を表しています。
  • アスターは9月の誕生花です。
  • 燃やされると、アスターによって放出された臭いは蛇を追い払うことが知られています。

アスターの象徴性と色

アスターの花の色はさまざまで、色が違うと象徴も異なります。

  • 紫色のアスターは知恵と王族を象徴し、そして最も人気のある色です。
  • 白いアスターは純粋さと無邪気さを象徴しています。
  • 赤いアスターは、絶え間ない献身を象徴しています。
  • ピンク色のアスターは敏感さと愛を象徴しています。

アスターの真実

  • アスターは干ばつに強いことで知られており、砂漠の緑化に最適です。
  • ふさふさしたアスターの種には冠毛(タンポポで言うところの綿毛) が生えていて風によって移動する種を持っています。
  • アスターと同じシオン属 に含まれる品種は180種以上あります。
  • アスターは周囲に舌状花がに並び、中央は黄色の筒状花の花を咲かせる。

アスターの用途

中国の文化では、アスターは、二日酔いから癲癇(てんかん)まで、さまざまな病気の治療に効果的な薬草として使用されています。お茶として焙煎すれば消化を助けることができます。

アスターはまた咳、肺の疾患および喘息のようなさまざまな呼吸器の病気のための治療として使用されています。特に寒い季節やインフルエンザの季節には、肺の充血除去薬として有効です。この薬草は、血行を促進することで、弛緩剤としても非常に効果的です。

日本には、古い時代に中国から朝鮮半島を経て薬草として渡来したが、花が美しいので薬草より観賞用として栽培が盛んになったようです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です