綺麗な星空を撮影する

夜、空を見上げると満点の星空。数限りない星を写真で収めたいと思うことがあります。しかし、普通に撮影しては真っ暗な写真となりがっかりな経験はないでしょうか?ここでは綺麗に撮影する手順を紹介します。

一眼レフカメラで星の撮影

星空を綺麗に撮影する方法

星を綺麗に撮影するには星以外の光源が重要です。周囲に街頭やネオンのない場所がベスト。

星空を撮影するには絞りや、シャッタースピードが重要となります。

撮影の下準備

星の撮影での必須アイテム

暗い中での撮影はシャッタースピードを下げる必要があります。そんな中で手持ち撮影ではブレた写真となりますので、三脚は必ず必要になります。また、シャッターを押した際、カメラ自体がぶれてしまうため、リモートレリーズも必要です。なければ、セルフタイマーでも利用できます。レンズは明るいレンズがよいでしょう。明るいレンズとは,F○○の値。F値とは光を撮りこむ量を指します。この値が小さいほど明るいレンズと言えます。詳しくは「F値とは」を参照。
その他には暗い場所での撮影となりますので、ライトなど手元を照らすものや、寒さ対策の手袋、上着、カイロの防寒具があった方がよいでしょう。

星の撮影に最適な時間と場所と天候

星の撮影では月明かりで星が見えにくい状況になります。月のない日をお勧めします。天候にも左右されます。雨や曇りは当然ですが、空気が澄んでいる日が最適です。空がかすんで星が見にくいと当然、はっきりと撮影できません。又、街中ではシャッタースピードを下げて撮影しますので街灯など星以外の光源のある場所は適しませんので、出来るだけ空の開けた暗い場所を選びましょう。

撮影の設定

一眼レフカメラ本体とレンズの設定

撮影前に星を綺麗に撮影するためにカメラ側の設定をしておきましょう。まず、ダイヤルを「M」か「B」に設定。「B」はバルブ撮影でシャッターを押している分だけ撮影しつづけるモード。F値は一番小さい値にセットしておきます。
レンズ側のフォーカスは「MF」に切り替えます。こうすることでピントが迷わなくなります。ISO感度はできるだけ小さいほうが綺麗に撮影できますが、小さい値では真っ暗な写真となりますのでシャッタースピードとの兼ね合いで変更してみてください。

星空を撮影してみよう

三脚にカメラをセットしたら星空に向けてみましょう。この時ピントがずれて真っ暗になっていたら、フォーカスリングを回して星がはっきりと見える位置を探してください。見つけづらい時は、遠くの明るい場所にピントを合わせるのが良いと思います。できるだけ遠くにピントを合わせることにより星にピントが合う事が出来ます。

シャッタースピードとISO感度の設定

シャッタースピードを遅くすると星は線で撮影されます。普段、星を見た時、点で見えますが実は星は速い速度で移動しています(地球が回っています)。線で撮影したい時はシャッタースピードを遅くすればするほど線となります。

点で撮影したい時はシャッタースピードを速くすれば撮影できますが、撮影した写真が暗くなりますのでそんな時は、ISO感度を出来るだけ上げて撮影してみてください。ただし、ISO感度を上げすぎた写真ではノイズが多く発生しますので確認しながら調整してください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です