撮影スタイルに合わせたローアングル撮影

ローアングルで撮影

ローアングルは、花を撮影するカメラマンに撮って永遠のテーマともいうべき問題です。最近の一眼レフカメラにはバリアングル一眼レフといった機能が付いており液晶画面を自由な方向に向けることでローアングルを撮影できます。しかし、そのような機能が付いていない一眼レフを所有している方は苦労してローアングル撮影をしているのではないでしょうか?写真家がそれぞれ工夫を凝らしていますが、しべての状況に対応できる決定的な方法はないと言ってもいいでしょう。その人の撮影スタイルに合わせて、様々な方法をいくつか組み合わせて工夫するしかありません。

まずは、基本となるのがローアングルが可能な三脚。最近ではローアングル機構に工夫を凝らしたものが増え、選択肢が広がりました。脚を大きく広げられることが大前提であり、様々な機構のものが市販されていますが、それらは大きく分けて、センターポールが邪魔にならないように分割できるものと交換できる物の二つのタイプに分けることができます。さらに個性的なものとして、ボンベーのように脚が自由自在に開脚するタイプもあります。

また、ビーンズバッグと呼ばれる小豆を入れた座布団を地面に置いて、この上にカメラを載せて撮る方法も意外と実用的です。むろん、一秒といったスローシャッターは無理ですが、なれればかなりのスローシャッターも切れるようになるのもです。似たようなローアングル用座布団が市販されていますが、ビーンズバッグはお手玉の要領で簡単に自作することができます。

また、高い山に登る時は少しでも荷物を軽くしたいのでビーンズバッグまで携帯できませんが、ザックや雨具など、ショックを吸収しやすい素材の代用品も十分実用になります。また、フィールドに落ちている枯れ枝や小石なども役に立つはずです。

ほかに三脚を横置きにする、雲台を三脚からはずして地面に押しつける、さらにそれをビーンズバッグと組み合わせるなど、完全にカメラを固定することに、こだわらなければ実用な方法はけっこうあります。もちろん、地面の状況やレンズやカメラによってその信頼度は様々なレベルで限界はありますが、自分のスタイルにあった方法を探してみてください。

最後に、いくらローアングルにセット出来たとしてもファインダーをのぞくことができなければ意味がありません。ファインダーを上からのぞくアングルファインダーは、ぜひとも用意していただきたいアイテムだと思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です