35mm換算で○○mm相当?

35mm換算て?

一眼レフカメラを使用しているとどうしても欲しくなるのがレンズですね。そこでレンズ選びを始めると35mm換算で・・mm相当と表記されていて「なんじゃそら?」といった経験があるかと思います。

35mm換算とは正式には35mm判換算焦点距離と写真用語では言います。

35mm換算と呼ぶのはカメラが普及する時代に35mmフィルムが国際規格に認定されたことにより現在でも基準として使用されています。

撮像素子の種類

デジタルカメラは種類によって撮像素子(CCDやCMOSのイメージセンサのこと)の大きさが異なり様々な大きさがあります。

撮像素子の面積が大きければ、それだけ受け取る光の情報量が増え、1画素が受け取れる情報量が増えます。その為、画質は上がり綺麗な写真となります。

撮像素子の大きさ

フルサイズ-約36mm×24mm

APS-Hサイズ-約30.2×16.7mm

APS-Cサイズ-約23.4mm×16.7mm

フォーサーズ-約17.3mm×13mm

35mm判換算の焦点距離

フルサイズ-約1倍

APS-Hサイズ-約1.3倍

APS-Cサイズ-約1.5倍

フォーサーズ-約2倍

例えば、フルサイズ一眼レフカメラの撮像素子は35mm判フィルムカメラとほぼ同等の大きさですから35mm換算で35mm相当となります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です