真珠の耳飾りの少女-ヨハネスフェルメール

『真珠の耳飾りの少女』は、フェルメールの最も有名な絵画です。肖像画ではなく、「トローニー」つまり想像上の人物を描いた作品です。
トローニーとはある特定のタイプに属する、特徴を持った人物を描いた絵画で、この作品の場合は、異国風のターバンを巻いて不自然なほど大きな真珠を耳に付けた、エキゾチックなドレスに身を包む少女が描かれています。
ヨハネス フェルメールは光の表現を極めた画家でした。その特徴は、柔らかく描かれた少女の顔や湿った唇に見られる光の輝き、そしてもちろん輝く真珠にも表れています。

フェルメール、ヨハネス:真珠のイヤリングを持つ少女

フェルメール、ヨハネス:真珠のイヤリングを持つ少女、1665年。キャンバスに油彩

詳細

  • タイトル: 真珠の耳飾りの少女
  • 作成者: ヨハネス・フェルメール
  • 作成日: c. 1665 (digitized by Madpixel)
  • 実際のサイズ: 44.5 x 39 cm
  • タイプ: 絵画
  • 媒体/技法: 油絵の具

真珠の耳飾りの少女
フェルメール

作品には署名はされていますが、日付は付けられていません。オランダのデルフトで1665年に制作されたと考えられています。その寸法は高さ44.5センチ、幅39センチで、国際的な名声に比べて比較的小さいです。

 

フェルメール:壁紙画像一覧

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です