フリードリヒ・ニーチェの名言・格言

哲学者フリードリッヒ・ニーチェは、1844年10月15日にドイツのロッケン・バイ・リュッツェンで生まれました。彼の華麗で比較的短いキャリアの中で、彼は『偶像の黄昏(Twilight of the Idols)』や『 ツァラトゥストラはこう語った ( Also sprach Zarathustra )』など、哲学の多数の主要な作品を発表しました。彼の人生の最後の10年間、彼は狂気に苦しんでいました。彼は1900年8月25日に亡くなりましたが、現代文明における個性と道徳に関する彼の著作は、20世紀の多くの主要な思想家や作家に影響を与えました。

音楽なしには生は誤謬となろう。

愛の不足ではなく、友情の不足が不幸な結婚生活を作り出す。

才能が一つ多い方が、才能が一つ少ないよりも危険である。

事実というものは存在しない。存在するのは解釈だけである。

怪物と戦う者は、その際自分が怪物にならぬように気をつけるがいい。 長い間、深淵をのぞきこんでいると、深淵もまた、君をのぞきこむ。

善にも強ければ、悪にも強いというのが、いちばん強力な性格である。

悪意というものは、他人の苦痛自体を目的とするものにあらずして、われわれ自身の享楽を目的とする。

人間のみがこの世で苦しんでいるので、笑いを発明せざるを得なかった 。

自己侮蔑という男子の病気には、賢い女に愛されるのがもっとも確実な療法である。

もし君が悩む友を持っているなら、君は彼の悩みに対して安息の場所となれ。だが、いうならば、堅い寝床、戦陣用の寝床となれ。そうであってこそ君は彼に最も役立つものとなるだろう。

孤独を味わうことで、人は自分に厳しく、他人に優しくなれる。いずれにせよ、人格が磨かれる。

笑いとは、地球上で一番苦しんでいる動物が発明したものである。

人間は神の失敗作に過ぎないのか、それとも神こそ人間の失敗作にすぎぬのか

飛ぶことを学んで、それをいつか実現したいと思う者は、まず、立つこと、歩くこと、走ること、よじのぼること、踊ることを学ばなければならない。

あとからくる世代は、過ぎ去った一切を、自分のところに導く橋と解釈する。

怒っても殺せないときは、笑えば殺すことができる。

一切の書かれたもののうち、 私はただその人がその血をもって書いたものだけを愛する。

復讐と恋愛においては、女は男よりも野蛮である。

男が本当に好きなものは二つ。危険と遊びである。そしてまた、男は女を愛するが、それは遊びのなかで最も危険なものであるからだ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です