アルバート・アインシュタイン

ドイツ生まれの物理学者アルバートアインシュタインは、ベルンのスイス特許庁に3級技術専門職として働いている間、発明理論や数式を知る機会を得ました。1905年に発表された4つの科学論文で彼の名前を知らしめた後、彼は1921年に彼の一般相対性理論とノーベル賞で光電効果として知られている現象について世界的な名声を勝ち取りました。シオニスト運動と公然と識別された率直な平和主義者、アインシュタインはナチスが第二次世界大戦前に力を取ったときにドイツからアメリカに移住しました。彼の人生の残りの間、ニュージャージー州プリンストンに住んでいて働きました。

アインシュタインの初期の生活(1879-1904)

アルバートアインシュタインは、1879年3月14日にドイツ南部の街ウルムで生まれ、ミュンヘンの中流階級のユダヤ人の家族で育ちました。子供の頃、アインシュタインはバイオリンを習い、数学と科学のとりこになっていました。彼は1894年に学校を中退し、スイスに移住し、その後、チューリッヒ工科大学に入学しました。1896年に、彼はドイツの市民権を放棄し、1901年にスイス市民権を得ました。

チューリッヒ工科大学にいる間、アインシュタインは同じ学生のミレヴァ・マリッチと恋に落ちました。その後、結婚しようとしましたがお金もなく両親に反対されました。しかし、1902年に娘、リーゼル・アインシュタインをもうけました。ベルンのスイス特許庁で書記官としての地位に就いた後、アインシュタインは1903年にマリックと結婚しました。彼らはさらに2人の子供、ハンスアルバート(1904年生まれ)とエドゥアルド(1910年生まれ)を持つことになります。

アインシュタインの奇跡の年(1905)

特許事務所で働いている間、アインシュタインは人生の中で最も創造的な仕事のいくつかをしました。1905年だけで少なくとも4つの画期的な論文を作り出しました。最初の論文で、彼は、光が当たったときに物質が電荷を帯びた粒子を放出する光電効果として知られている現象を説明するために、量子理論(ドイツの物理学者マックスプランクによって開発された)を光に適用した。2番目の論文はアインシュタインの実験的な原子の存在の証明を含んでいました。それは彼がブラウン運動の現象を分析することによって得られました 。

「 運動物体の電気力学について 」と題された3番目に有名な論文で、アインシュタインは2つの基本的な物理学理論の間の明らかな矛盾に直面しました。

アイザックニュートンの絶対空間と時間の概念とジェームズクラークマックスウェルの考え定数。これを行うために、アインシュタインは特別な相対性理論を導入しました。それは異なった慣性系で動く物体のために(すなわち互いに対して一定の速度で) すべての慣性フレームで 物理学の法則が同じであると主張しました。4番目の論文は、質量とエネルギーの間の基本的な関係、以前は完全に分離されていると考えられていた概念に関するものです。アインシュタインの有名な方程式E = mc 2(ここで、「c」は一定の光速)はこの関係を表していました。

アインシュタインの名言

Anyone who has never made a mistake has never tried anything new.

一度も失敗をしたことがない人は、
何も新しいことに挑戦したことがない人である。
If A is success in life, then A equals x plus y plus z. 
Work is x; y is play; and z is keeping your mouth shut.

Aを人生における成功とすると、A=x+y+z が成り立つ。
xは仕事、yは遊び、そして、zは黙っていること、である。
 There are only two ways to live your life. 
One is as though nothing is a miracle. The other is as though everything is a miracle.

人生には、二つの道しかない。
一つは奇跡などまったく存在しないかのように生きること。
もう一つは、すべてが奇跡であるかのように生きることだ。
 Truth is what stands the test of experience.

真実とは、経験という試練に耐えるもののことである。
 Learn from yesterday, live for today, hope for tomorrow. 
The important thing is not to stop questioning.

昨日から学び、今日のために生きて、明日に希望を持て。
大切なのは、疑問を持つのをやめないことだ。
 The more I learn the more I realize I don’t know. 
The more I realize I don’t know the more I want to learn.

学べば学ぶほど、何も知らないということが分かるようになる。
何も知らないと分かるようになるほど、もっと学びたくなる。
 Try not to become a man of success but rather to become a man of value.

成功者になろうとするのではなく、価値ある人間になることだ。
 The world is a dangerous place, not because of those who do evil,
but because of those who look on and do nothing.

この世は危険なところだ。悪いことをする人がいるためではなく、
それを見ながら、何もしない人がいるためだ。
 In the middle of difficulty, lies opportunity

困難の中に、機会がある。
 It’s not that I’m so smart, it’s just that I stay with problems longer.

私は、それほど賢くはありません。
ただ人より長く、ひとつのことと付き合ってきただけなのです。
 Anger dwells only in the bosom of fools.

怒りは、愚か者の旨にしか住み着かないものだ。
 Nationalism is an infantile disease. It is the measles of mankind.

国家主義は、小児病である。それは、人類のはしかなのだ。
 Peace cannot be kept by force. It can only be achieved by understanding.

平和は、力によっては維持できない。
それは、理解によってのみ達成される。
 Before God we are all equally wise and equally foolish.

神の前において我々は平等に賢く、平等に愚かである。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です